日焼けをしているときの脱毛は禁物です

日焼けをしているときの脱毛は、避けたほうが良いでしょう。日焼けは赤外線がお肌に直接当たるので、これによってお肌が弱っているのでそこに脱毛機器の光が当たると更なるお肌のトラブルが起きる可能性があります。脱毛をするときには毛を生やす毛母細胞の働きを弱めるために、かなり強い力を肌に当てるためです。ですから、日焼けをしてお肌が元々弱っているところに強い負担をかけることになってしまいます。お肌が弱い人が日焼けをして脱毛をすると火傷をする可能性もでてきます。

元々、お肌が黒い人はテストをしてから脱毛を行います

元々お肌が黒い方は、お肌の程度によって脱毛ができるかどうかが変わってきます。脱毛機器は黒い物に反応する性質があるので、お肌を傷つけてしまう恐れがあります。ですが、元々お肌が黒い人には直に脱毛をしないで、脱毛機器の光を当ててお肌の反応をテストしてから実際に脱毛をするかどうかを決める場合もあります。お肌が黒い人には、ムダ毛で黒くなっているだけの人もいるので、その場合には脱毛を行うことができますが、ムダ毛以外が原因の場合には脱毛が出来ない場合もあるでしょう。

ホクロやシミがあるとレーザー脱毛ができません

脱毛機器は黒い色に反応するので、ホクロやシミなどがあると脱毛機器を使用することができません。ですが、どうしても脱毛できないというのではなくて、黒い色に反応するのはレーザー脱毛だけなので、他の方法で脱毛することができるので心配はいりません。脱毛には色々な方法の脱毛があるので、医療機関やエステサロンで相談することで丁度良い脱毛方法が見つかります。しかし、レーザー脱毛は永久脱毛ができるので一番良いのは、レーザー脱毛ができることですね。

医療脱毛は、皮膚科などで医師の立会いの下で施術を受けるので、レディスクリニックや脱毛サロンよりも料金が高くなりますが、安心して施術を受けることができます。