自己処理では失敗する人が多い

毛の自己処理をしてお肌のトラブルに見舞われた人は、けっこう多くいるのではないでしょうか。私も自己処理をしたために肌が熱や赤みを帯びてしまったり、毛が埋没してしまったりして、事故処理では何度も失敗してきました。そのため、レーザー脱毛を行うようになってからは、お肌のトラブルに見舞われたことはありません。自己処理に比べれば費用は掛かりますが、キャンペーンなどをうまく活用すればそんなにかかるものでもありませんので、サロンでの処理をおすすめします。

自己処理とサロンでの違い

では自己処理とサロンでの処理にどんな違いがあるのでしょうか。それはサロンでは主にレーザー脱毛が行われていますが、直接肌にカミソリをあてるわけではないので、肌を刃物で傷つけることはありません。またレーザー脱毛では乾燥しすぎた肌ではあまり効果が出ない場合があるので、サロンに行く数日前から肌の保湿ケアをいつも以上に念入りにするため、レーザーをあててもいつも以上に肌がきれいになることができます。また、レーザー脱毛には数回、平均的に2年ほど通わなければならないのですが、その後はほとんど毛が生えてこないため、その後は本当に楽になります。

ではサロンでトラブルはないの?

2001年に厚生労働省から出た通達により「医師免許の無い者がレーザー脱毛をすることは医師法違反」とされるようになりました。そのため、サロンには必ず医師免許を持つものがいて、いない場合にはレーザーの出力を一定以下に抑えるなどの措置を取っているので、昔に比べるとトラブルはずいぶんと減ってきています。また、施術を行う際には、サロンでは丁寧なカウンセリングを行ってくれるので、トラブルなどはすぐに解消できる体制が整っています。

レーザー脱毛は毛の細胞を破壊する行為であり、医療行為であるために医療機関でしか行ってはいけない脱毛方法です。